スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花よりゴハン W狩り!?バスツアー(その1)

1
器用にいろんなことが出来る性格じゃないくせに、無茶なスケジュールを組んでパニクリ気味の今日この頃。
ブログ更新もお久しぶりざます。でもなんとか元気に生きています。
2
先週、にゃん姉さんと恒例のバスツアーに行ってきました。
お天気のほうも恒例で・・・・この時期にしては珍しく「ドンヨリ」でございます
3
今回のバス旅のツアーテーマは、
「赤城高原・本格ドイツ風バイキング
可憐なコスモス・秋風そよぐ吹割の滝
甘いリンゴ狩り・高級大玉ブドウ狩り」

バイキングに・・・・リンゴ狩りに・・・・ブドウ狩り
ってどんだけ食べるねんって、ツアーざましょ?

最初の目的地は
鼻高展望花の丘
ここへ向かう途中、バスが道に迷うと言う事態が起き、到着時間がやや遅れました。
年間に数回のバスツアーをこなす、バス旅なれした姉さんとアタシは、バイキングや狩りにそなえ、バスにお菓子は持ち込みません。
なので、すでに最初の目的地についた時点で「お腹すいた。なんかくれ~」状態。
花どころではございません。お花の写真を撮り、バスに乗り込みましたが、空腹でションボリしていました(わかりやすいタイプですね)
6
空腹に耐え、次に到着した先は昼食会場の
赤城高原クローネンベルクドイツ村お屋敷
ここは以前、他のバスツアーで来た事がありまして、ここの昼食が美味しいことをすでに知っておりました。
4
牧場や、バラ園などもありますが、「1時間の滞在時間をフルにバイキングにあて、食べまくったほうがいいよ」と言うこともわかっていたので、ガッツリいきましたよ。

5
自家製のパンやソーセージ。
通常、この手のバイキングは味はイマイチなところが多いのですが、ここはとっても美味しいのです。
特に・・・
5
カレー絵文字名を入力してください(盛り付け方が汚い)
具のないカレーですが、ほどほどに辛く味がしっかりしていて良いんですよ。お代わりしちゃいました
デザートもあり。ドリンクは別会計となります。

しっかり空腹を満たし、お次は散策場所へ移動バス
しっかり動いて、食べたものを消化させて、狩りにそなえなきゃね。

その2に続く・・・・

富士屋ホテルのパンと「ポーラ美術館」

1
今日は涼しい・・・
いつもより少し涼しいだけで「あれやろうかな」「これやろうかな」と言う気持ちになる。
早く秋がきて欲しいMOGざます。
さて、お盆休みをどこにも行かずにダラダラすごしたこと、過去にあっただろうか???
唯一、お出かけした箱根の1泊旅行でひっぱりまくっておりますが、今日が最終章です。

1泊し、早く起きた朝。6時からあいている大浴場でさっぱりし、アタシとママリンが向かった先は、富士屋ホテルの敷地内ではありますが、外にでてちょっと歩きますパン屋「PICOT」へ焼きたてパンを求めて行ったのであります。
この日は朝から、日差しが強く汗だくになりながら・・・
しかし、到着して愕然。
開店時間10時半。
パン屋=早くあくって勝手に思っていたから、朝食前のおめざに向かって「MOGまっしぐら」だったんだけどね~黒猫love

ママリンから、ホテルの中でも販売してるかもしれないから聞いてきなと言う指令がくだり、フロントに聞くと、「売店で10時半から販売します」とのこと。
げ~~~早く聞けよって。無駄に朝から、歩いてしまった。

そんなわけで、アタシとママリンは、オーキッドでコーヒーを飲みながら焼きたてのパンを狙っていたわけです。
同じこと考えている人って、お互いにわかるじゃん?
みんな獲物を狙ってるハンターみたいなのよ。売店周辺にいる人やオーキッドにいる人たちは・・・・

アタシ、だてに視力2,0じゃないからさ。
ダレよりも早く「きたっ!」と売店での販売を察知し、オーキッドから移動。
ふとママリンを見ると、「どんだけ~~」ってくらいかかえてるわけよ。
思わず「ねぇ、ちゃんと考えて買ってる?」って聞いたら、「そんなのは後で考えればいいの」って。
はいはい。そーいう人でした。うちのママリン。
2
大量のパンをかかえながら、ホテルを出て、向かった先は
「ポーラ美術館」絵の具パレット
現在、花の絵の展覧会と、エミール・ガレをテーマにした作品の二つの展覧会をやっているんです。
ポーラ美術館、はじめて行きましたがアタシ的には、かなりおすすめです。
建物は近代的ですが、森の中にあって、その対照的なところが良い相乗効果をうんでいるように思えました。
居心地がよく、「世界の美術にふれ、ちょっちハイグレードな自分」に酔えました(なんだ、それ)
3
箱根、行きたいところや食べたいものがたくさんあったのですが、ママリンはいわきに帰らなければいけないので、そんなにゆっくりも出来ず、遅めのランチは、ロマンスカーの中で。
売店で買ったかまぼこと、富士屋ホテルのパンでした。
名物カレーパンは、カレーの辛さがもう少し欲しいところでしたが、お年寄りやお子様も食べることを考えるとこんなもんかな?
家でレンジで少し焼いて食べるとカリっと感が復活して美味しさ倍増でした。
そしてレーズンパンは、ホテルの伝統のお味をそのまま受け継がれてきたのでしょうね。レーズンの味をひき立てるシンプルな味。生地はお水を使わず作られているそうです。

日帰りや、1泊旅行って、伊豆方面に行くことが多いんだけど、アタシの場合、箱根のほうが「旅をした~」って言う充実感があるな・・・
今度はじっくり温泉をマンキツする旅で箱根に行きたいな。

宮ノ下富士屋ホテル 庭園編

1
また富士屋ネタかよ・・・って?
そーなの。暑くてお出かけしたくないから、ネタがないの。
(あ、でもさっき銀座の→ココでハンバーグ食べましたけど
2
15分程度散策できる庭園があるざますよ。
お部屋は各室クーラー完備だけど、それ以外のところはあまりクーラーかけていないのか、完備されていないのかわかりませんが、特にエレベータは暑いし、独特のにおいがしました。
廊下は窓があけられていて、ダイニングでワインを飲んだあとは、やけに虫にさされましたが、自然の風はさわやかです。
滝の流れる音や、草木が風にそよぐ音をジッと聞くのも癒されるゆとりある時間のすごし方ですね。
ザワワ
ザワワ・・・・
3

4

6

やはり宿泊客には外国人も多い。
かつては、ヘレンケラー、チャップリン、ジョンレノンなどもこの景色を眺めたのであろう。
この廊下を歩いたのであろう。
5
日本文化を伝える展示や工夫がされています。
7
あ、そーそー駅からホテルまで歩いているときに、気が付いたんだけど、富士屋ホテルより宮ノ下駅よりにエクシブ箱根建設中みたいよ。
「おじーちゃん、お父さん、僕の三代で富士屋ホテル」みたいな子連れ客もいたのだけど、出来れば小さい子連れはエクシブへ。大人は富士屋ホテルへと別れてくれればいいなと密かにアタシは思ったのでありました。
ロマンスカーの往復でじーちゃん、ばーちゃん、孫軍団がやかましかった~動物園かと思うくらい。でも一番うるさかったのは、ばーちゃんでした。
夏休み時期に行ったのだからしょうがないといえばしょーがないんだけど、お利口なお子さんはお利口です、もちろん。
じーちゃん、ばーちゃんが馬鹿だと、孫も馬鹿でした。

宮ノ下富士屋ホテル 珈琲中毒母娘編

1
富士屋ホテルの朝食は、チェックインの際に和か洋を選びます。
前夜がフレンチなので和にすることに・・・
場所はホテル内の「ウィステリア」ごはん
典型的な「日本の朝食」といった内容です。
朝から食欲もりもりなアタシとママリンはしっかりおかわりしました。
お粥かご飯選べます(アタシたちは当然ながら、がっつりご飯ざます)
2
空腹を満たしても、アタシとママリンは落ち着かないのです。
なぜなら、母娘して重度のコーヒー中毒だからです。
いつも旅館に泊るときは、コーヒーがないことを見越して、インスタントコーヒーを持参するのですが、すっかり忘れていたし、ホテルなんであるだろーと思っていたわけです。
しかし、残念ながらお部屋にインスタントや個装のドリップはないし。
販売機は、この時期、冷たいコーヒーしかないわけで、ママリンはそれでも我慢できず冷たいコーヒー飲んでいたけど、アタシは頑固に「冷たいコーヒーならいらん」と、cafeが開くのをじっと我慢です。
ちなみにアタシの場合は、コーヒーを朝飲まないと目が覚めないため、不機嫌でボーっとする、そしてママリンはコーヒーがきれると頭痛がするそうです。
3
ラウンジ 「オーキッド」の開店を待って、コーヒータイム
日本庭園を眺めながら、ゆったりとしたひとときを過ごせます。
4
ご飯をおかわりしたはずなのに・・・・
焼き菓子は別腹
チェックアウトが12時のプランにしたので、夜はあわただしかったけど、朝はのんびりできました。
アタシとママリンは、コーヒーを飲みながら、実はある獲物を狙っていたのでありました。

続く・・・

宮ノ下富士屋ホテル お部屋編

1

写真をたくさん撮ったので、富士屋ホテルは何回かにわけて、アップしようと思います。
本日は「お部屋」編
今回は、フラワーパレスといわれている富士屋ホテルの象徴である登録有形文化財「花御殿」に宿泊しました花
2
チェックインすると、ホテルの方に案内され、花御殿へ・・・
建物内は、昔懐かしい匂いがします。
昔の学校の匂いみたいな・・・ノスタルジック
3
43室あるお部屋のすべてにお花の名前がついています。
アタシたちのお部屋は「百合」hana
あら~ん。アタシ達「百合」のイメージかしら?(別にイメージでお部屋を選んでいるわけではございません。たまたまです)
お部屋は天井が高く、古ーい独特なにおいがします。
新しいものスキの方には、ウケないホテルだと思いますが、古いものが好きな方なら、たまらないと思いますよ。
4

5
鍵、じゅうたん、壁にかけられている絵、お風呂のタイル、すべて百合のモチーフ。
鍵が大きいので「あれ、鍵どこやったっけ?」といつもナイナイ祭りが始まるアタシにはありがたい。

家具も古いんだけど、TVだけは世界の亀山モデルアクオスだったりする(ま、いまどきガチャガチャチャンネルだったりしても困るけどね)

客室についているお風呂にも温泉がひかれている。
大浴場にも早朝行ってみましたが、8人も入るといっぱいなお風呂でした。

ママリンは、前日の疲れもあってか爆睡だったようですが、残念ながらアタシは、珍しく寝れず・・・
なぜならベッドが、ものすごーく硬いです。
クッションまるでなし。
日ごろ、どちらかと言うと、かたい布団に寝ているんですけど、それでも寝れないくらいカチカチでした。翌日、腰にきました。
いかん、いかん。避難生活している人は毎日、体育館などで寝ているんだから、これくらいで寝れないなんて言っているアタシはまだまだだななどと、思ったのでありました。
6
朝、撮影したお部屋から見えた景色。
緑が綺麗です
が、暑い1日になりそうです

いつになったら狩れるのか・・・桃狩り!?バスツアー(お土産編)

1
昨日に続くバスツアーネタです

今回参加したバスツアーは
「夏のザックザック福袋付き
霧ヶ峰・車山ビーナスラインと甲州桃狩り」


このバスツアーのウリが・・・
夏の福袋 ザックザックポイントいっぱい20大ポイント

「①高原のアンデスメロン1個付②いよいよ旬です!甲州桃狩り!園内食べ放題③新鮮高原キャベツ1個付④信州味噌100g⑤甲州名物冷やしほうとうと山菜ご飯のご昼食⑥巨峰ゼリーのデザート付⑦ミニどら焼きのちょっぴりおやつ⑧リンゴゴーフレットのおやつ⑨ニッコウキスゲのポストカードちょっぴりプレゼント⑩野沢菜煎餅のちょっぴりおやつ⑪ミニリンゴパイのちょっぴりおやつ⑫白桃水ようかんちょっぴりおやつ⑬かりんとうのど飴ちょっぴり付⑭かりんジュースの試飲でちょっと一息⑮野沢菜漬を含む120種の漬け物の試食食べ放題⑯信州味噌汁試飲や新鮮牛乳を使ったチーズやチーズケーキの試食など本場の味もお楽しみ⑰さわやか涼風・・ニッコウキスゲ咲くビーナスラインを爽快ドライブ⑱ゆりなど高原植物咲く白樺湖畔散策⑲クッキーのちょっぴりおやつ⑳風林火山のガラス小物ちょっぴりプレゼント」

どんだけ「ちょっぴり」使いたいんでしょうね?v
上の画像はいただいたものの一部です。
2
どこのお土産屋さん行っても目につくのが風林火山にちなんだもの。
風林火山クッキーやら風林火山饅頭などなど。
諏訪ガラスの里でガラス買わずに栗田の塩羊羹買いました。
「敵に塩を送る」って言葉の語源ご存知?
こちらも風林火山が関係しております。
今川氏・北条氏によって武田領への塩の売買を禁じられ、甲斐・信濃の人達はとても大変な思いをしたとのこと。そこへ上杉謙信が越後から塩を届けたところからきているそうです。
糸魚川から松本城下まで約三十里(120Km)を結び信州側で「糸魚川街道」、越後側で「松本街道」と呼ばれた千国街道。又の名を"塩の道"といわれています。そんな由来からこの辺りでは塩羊羹がお土産として人気のようで、お店にそのエピソードが書いてありつい買ってしまったわけです。
甘さを鮮明にしながらもすっきりさせるのは塩の役割が大きいのでしょうね。さっぱりした羊羹で食べ飽きない味でした。
3
以前、はすの芽梅酢味をもらったことがあって見た目のかわいらしさ(ちゃんと穴があいててミニミニピンク蓮根って感じ)と梅風味のさっぱり味の虜になってしまったのですが、立ち寄った「野沢菜センター」で再会することができました。通販もやってるんだー?うれP。

バスツアーはお土産たくさんもらえるけどお買い物もしてしまうんですよね。
ま、アタシなんて全然買っていないほうですよ。皆様すごい荷物になってましたよ。
メロン&キャベツだけでも重いのにね。
でもバスツアーは楽しい。次回は秋かな?
何を狩りましょうか?にゃん姉さん

連休中遊びすぎたせいか、風邪ひいちゃいました。
のどが痛くなってせきが出てます。
もぉ寝ますあ
皆様も風邪ひかないようにお気をつけあそばせ~

いつになったら狩れるのか・・・桃狩り!?バスツアー(竜神編)

久々にお仕事、4連休してしまいました。
職場復帰できるかしらん?

withにゃん姉さん
恒例季節のフルーツを狩る狩人の旅日帰りバスツアーバス
今回の獲物は?
「桃」桃

桃狩りと言えば昨年も申し込みをしたけど天候が悪くて中止。
今年こそはと意気込んで申し込みましたが・・・
朝5時半、雨音で目が覚めました

ほんとにゃん姉さんの雨女ぶりには毎回驚きますよ(え?アタシが雨女なんじゃないかって?)
行くところ行くところ雨嵐を呼ぶ人を「竜神」と言うそうです(にゃん姉さん談)

雨ですけど・・・嵐ではないので、バスは8時に新宿を無事出発
2
狩って狩って狩りまくるわぁ~と、はしゃいだアタシタチですが・・・・
桃畑が前日までの台風で浸水し、とても狩れる状態がないということで・・・
1
ガーンマジですか
桃狩りではなくすでに狩られた桃の食べ放題となりました。
狩りをしなかったおかげで、目標3個をラクラククリアし5個完食
たぶん参加者の中でも一番食べたんじゃないでしょうかね?
5個と言ってもそれぞれ味が違うもので、あまーいものもあれば、甘さは控えめでもみずみずしくフレッシュなお味もあり、見た目はいいけど食べると全然美味しくないものもあり。。。。楽しみながら食べたので5個ラクショー
3
桃5個食べた後でも、余裕で冷やしほうとうと山菜ごはんの昼食をいただきました。
冷やしほうとうは、麺をわざわざ氷で冷やしているのに、温たためてあるきのこがたっぷり入っているつけ汁・・・冷やしている意味も温めている意味もなくなるわけで・・・不思議な昼食でした。
4
イマイチな昼食にテンションがさがりまくりのアタシタチ。。。ですが
白樺湖でオプションで乗ったロープウェイで「やっほ~」っと気分爽快テンションUP(単純です)

6
が、しかし・・・お天気ど~んより
「日本式イングリッシュガーデン」って・・・
日本なんですか?
イングリッシュなんですか???
よくわかりません。
7
兵隊さんたちのうしろすがたも寂しげです。
だってぇ~~~
8
どよ~ん
白樺湖が霧でなんなのかまるでわかりません。
9
↑池の平ホテル、20年ぶりに来ましたわ。
5
ニッコウキスゲが満開の霧が峰が、ほんとに霧にまぎれていて
「よく見えませ~ん」
バスツアーって、バスの中でいろいろおしゃべりするのも楽しいですね98666
添乗員さんの話はほとんど聞いてませーん
10

バスツアーの楽しくもありつかれるところは、お土産屋によりまくるところ。
試食三昧ですが、バスに乗ったと思ったら立つを何度も繰り返します
10
今日立ち寄ったお土産屋さんで一番楽しかったのは、「信州味噌工場見学」smile
工場を見学し説明を聞き、お味噌汁の試食をしました。
ここの工場には「おかめ神社」と「貧乏神神社」がありました→HP

次回につづく・・・・

MOG
物忘れが激しい今日この頃、そんなMOGのみちくさキロクでございます。

★MOG★

Author:★MOG★
値段だけ高くて大してウマくもないこじゃれた店が嫌いです。
美味しいものを食べているときに「アタシ、世界一幸せ」と思える安上がりな39歳。いちおミセス。戸籍上の夫(相方)と二人暮らしの、母(←アタシ)子(←相方)家庭。
お腹がすいたときになるグーグー音が異常に大きいので、空腹状態にならないよういつも何か食べています。どうすればお腹がならないように出来るのかご存知の方教えてください。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア

なかのひと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。