スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとりバスツアー@伊豆

ランチで行ったお店のトラベルプレゼントキャンペーンに当選しまして、行ってまいりました。
池袋6時20分集合。早~~~っ。家出たとき、まだ暗かったし。
1
今回のツアーは
「360度展望 かつらぎ山パノラマパークと季節の花 修善寺梅林鑑賞の旅」
何度かバスツアーには参加していますが、ひとりで参加するのは初めて。
家族であっても当選権利の譲渡はできないのです。
2
修善寺の梅林は、以前もバスツアーで来たことがあったので、軽く流してみて、とっととバスへ戻りました。
雨降ってたしね。
3
4
お昼は、かつらぎ山パノラマパークで牛と海鮮しゃぶしゃぶを・・・
ひとり1しゃぶしゃぶ鍋。
早々に食事をすませ、スカイライドロープウェイでかつらぎ山山頂へ。
このロープウェイは風が強いとすぐとまるらしいです。
あいにくのお天気で、360度の大パノラマと言うわけにはいかなかったけど
ジェットコースターさながらのゆれをロープウェイで楽しめたのでアタシは満足だぁ~
8
6
鎌倉時代よりこの地にあり、長寿、健康、良縁、金運などにご利益があるという「百体地蔵尊」
7源頼朝が伊豆に配流されたときに伊豆で鷹狩りをしたと言う言い伝えがあるそうです。
7
旅館で勤めを終えた古い下駄を供養するための「下駄供養塚」

今回のツアー、観光は、梅林&かつらぎ山のみで、後はバスツアーにありがちのお土産屋さんめぐりでした。
アタシは、お肉屋さんが作った馬油とお菓子を少々、買ったくらいでしたが、奥様方のお買い物のすごさに圧倒されました。
いったい、これだけのお土産をどこに配るんだと・・・
両手いっぱい大荷物でしたよ。

お天気が悪かったせいもありますが、朝、早かったのでバスの中はほとんど爆睡
お友達と行くバスツアーもいいですが、こうして知らない人と一緒に団体行動も
いいね
そういえばアタシ、どちらかと言うと昔から行きたいと思えばひとりでどこへでも行き、なんにでも参加する性格だったんだよな~最近、ちょっと行動力弱っていたなと反省しながら帰路に着いたのであります。

スポンサーサイト

久々の更新 秋の鎌倉

ひさしぶしの更新。
実はPCがご臨終しました。
新しいPCを買わねばと思っていたら、知人がほとんど使用していない
ノートPCをくれました。しかし、もろもろのセッティングに時間がかかり
久々にストレスってもんを感じましたよ(最近ボーっとしすぎてストレスもありゃしない)
そして、今日、相方の仕事用のPCがご臨終しかけたんです。
何をやってもビクともしなかったPC。
2台続けて壊れるってどういうこと???と頭をかかえ寝込みそうになりましたが
相方がどうにでもなれ状態でPCを
ひっぱたいたら、ビクともしなかったPCが動き始めまして・・・
そんな原始的な方法もアリなのかと・・・
1
PCのない生活・・・・
と言っても、アタシのお仕事用PCはあるのでメールチェックくらいはできたんですけどね。
PCがないと手持ちぶたさで普段あまりやらない携帯メールってものも
やったりしたけど、あんまりアタシには向いていないようです。
そんな最中、毎年この時期恒例の鎌倉へお出かけしてきました。

当初の予定では、たっぷり散策して、おいしいものでも食べる予定が
先日、受けたマンモグラフィーの検査結果を病院へ聞きにいったら
ひっかかっちゃって、超音波検査なんてものをしたり、たらいまわしになったりで
思いのほか時間がなくなって、鎌倉についた時間が2時で、4時の電車で
都内に戻らなければならずに、バタバタでした。
2
大好きな長谷寺と由比ガ浜は行ってきましたざます。
3
不完全燃焼だったな。
来年は初夏&秋の2回行くかな。

小江戸川越 いもがおいしぃ蔵の街

朝から雨。
雨にぬれる洗濯物を眺めながらボンヤリ「京都行きたい」「温泉行きたい」などと現実逃避妄想中(洗濯物とりこめって?)

1
そうそう、先日、プチ旅してきました。
場所は・・・
朝ドラの長い歴史の中で埼玉県が舞台になるのははじめてってことで、勢いのある街
川越さつまいも

数年前に川越に住む友人の案内で川越まつりにいったことがありまして、久しぶりの再訪。

都内から1時間程度で行けるのに旅気分を味わえる観光スポットです。

蔵造りの町並み. 時の鐘. 菓子屋横丁は、大賑わい。
川越は、歴史のあるうなぎやさんが多く、鰻命のアタシはうなぎモードだったんだけど・・・
わけあって、こちらのお店でお食事をすることにここ

手書きの地図をもらっていったのですが、見つからず、観光協会のおじさんに聞いても店名ではわからず、地図を見せてやっと案内してもらえたというくらい、入り口がわかりにくいので、地元の人も意外と知らないお店なのかも。入り口のカフェのインパクトが強いので、入り口を見逃してしまうのでしょう。
2
外に大きく看板が出ていない隠れ家。
細い路地を入ると、築100年を超える埼玉県の有形文化財でもあるお店があります。
3

カウンターで職人さんがお寿司を握ります。

時間がゆっくりと流れるステキなお店。雰囲気を壊すといけないので店内で撮影しませんでした。

4
川越と言えばさつまいも。
街を歩きながら、いもソフトクリームを食べたり、おみやげ屋さんを見たりしました。

アタシが気に入ったのは、まめ屋さん。蔵造り通りの入り口にあるのですが、いろんな種類のまめが試食して買えます。お土産にナイスです。

そして、川越唯一のベーグル屋さんらしいですが
VANITOY BAGEL
たくさん種類があって迷いましたが、川越なんで「さつまいも」のベーグル買ってみましたが
なかに入っているさつまいもがしっとりとしていて、ボソボソ感がなく、素朴なお味でとてもおいしかったざます。
5
前回来た時もこれ買ったのですが、ネーミングもかわいい
いも恋
さつまいもとつぶ餡をもち生地でつつんだいもまんじゅう。
「彩の国認定優良ブランド品」としても認定されているホッとする味のお菓子です。

川越って観光地にありがちな価格設定ではないな~と言う印象。
お店によるのでしょうが、値段もバカ高くなく、庶民的な金額でランチが食べられるお店が多い。
観光スポットを巡回しているバスも出ていますが、お天気がよければ、歩いてまわれる距離なのでのんびり散策もおすすめです。

MOGの近況→体重3㌔増

アタシの近況。
そんなのどーでもいいと思うけどさ。

体重3㌔増えました。
このあいだの連休で・・・
スポーツが嫌いなアタシは運動不足になりがちなので、日常生活で
身体を動かすようこころがけて、エスカレーター&エレベータはほとんど
使わないようにしているのだけど、さすがに3㌔増えると階段もキツいですわ。
1
3㌔増の原因は、長野に行って秋の味覚を食べまくっていたからなのですよ。
まだ紅葉には少し早かった・・・
2
山の中の温泉で足湯を楽しんだりしておりました。
東京に戻った途端、目がかゆくなって、鼻がグズグズ。
最初は風邪かなと思いましたが、身体は重いだけで元気です。

春の花粉時期は大丈夫なんだけど、アタシ、秋のブタクサダメなんですよ~
忘れてました。
よく春に聞く言葉ですが
「めん玉取り出して、水でじゃぶじゃぶ洗いたい」

まさに今、そんな感じでアイメイクもへったくれもありゃしまへん。
3
めん玉取り出して洗えないので・・・洗眼剤買ってしまいました。
ややスッキリです。
今週中に3㌔戻す覚悟です。がんばるっ!

東京ステキ大発見 クルージングの巻

晴天の日曜日
雨女にゃん姉さんとのお出かけ。1
待ち合わせは浜離宮恩賜庭園
20年東京に住んでいて初めて来てしまった。
浜離宮は中央区にあります。
徳川将軍家の庭園でした。
2
東京のド真ん中とは思えない自然たっぷりの美しい庭園。
季節折々のお花に囲まれ、東京湾の海水をひいた池がありーの。
3
ソメイヨシノはもうお別れ
「う~ん、自然いっぱいで気持ちぃ~旅気分」なんて思うと視界には、高層ビルや東京タワーなんかの近代的な建物。また、レインボーブリッジや臨海副都心などのおちゃれな景色も一望。
入場料300円分以上はマンキツできるステキな場所でした。
お酒飲んでバカ騒ぎするガキはいないところがまた良いです。
4
今回、庭園散策が目的ではありません。
クル~ジングゥ~が目的ざます。
5
そうそう、この船ざます。
「“両国と浜離宮を結ぶ”さくらの名所めぐり・お花見号」と言うイベント便に乗り込み
6
出発
船内では、ユーモアをおりまぜながら、東京の海や川、船にまつわる「へ~へ~へ~」と関心する話しをベテランガイドさんがしてくれました。
8
橋の話しとか・・・
9
ウン〇ビルの話しとか・・・
14
お子様に大人気の松本零士氏がデザインした宇宙船のような「ヒミコ」のお話しとか。
「銀河鉄道999」のキャラクターたちが船内放送してくれるんだって。乗りた~い。
“津軽三味線”の名手、山中さんの生演奏がこれまた、散りかけた桜を見ながらのクルージングにピッタリはまって・・・
7

「これまたなんとも大人の楽しみだよな」と気分を盛上げてくれました。
10
あいにく満開の桜を見ることは出来なかったけど・・・
11
川に浮かぶ桜の花びらを眺めるのも、情緒があって良かった。
12
桜橋を通過し
13
両国へ到着。
今回、東京湾から川へ。地上ではなく、水面から東京と言う街、桜を囲んで楽しむ人々を眺め、「東京っていいな」ってつくづく思った。
地方から東京に出てきて、「東京なんてゴミゴミしていて、たまに遊びに行くにはいいけど暮らすのは大変」なんてことよく言われたけど、人が手をかけて整備した自然や景観と言うのも贅沢で良いものです。
こういう風情のある東京を楽しむことが出来るのは、若いときは無理かもしれないな。
大人になるってーのも悪くないね(ってーか、大人になったばっかみたいな言いっぷりだけど、かな~り歳いってますがな・・)

なぜか鎌倉でお好み焼 惚太郎@鎌倉

1
鎌倉の旅はこの記事が最後。
ママリンと小町通りをお散歩。
2
ママリンもアタシもどこにでもひとりで出かけるタイプ。
でも、どうしてもひとりでお好み焼の店には入りにくいから、行きたいとママリンから言われていた。
良いタイミングに小町通りでお好み焼の店「惚太郎」を発見出来たので入りました。
食べ放題もあったけど、レディースセットを注文。
女性二人用のメニューでドリンク各自一杯&鉄板焼&好きなお好み焼き&好きな焼きそばかもんじゃで二人で2980円。
↑↑↑
最初は鉄板焼き。いきなり大量。
3
食べることに夢中で画像ボケてます。
たっぷりシーフードのお好み焼はエビ、イカ、ホタテがゴロゴロ入ってるし、焼くのに夢中で写真取り忘れた焼きそばも具が多くて美味しかった。
ママリンが「美味しいものが安くこんなに食べれて幸せ。
またここ来たいね」と言っていたのを聞いてアタシも幸せだったのでした。



いろんなコロッケ 宮代商店@鎌倉長谷

1
2
3
鎌倉が好き。
長谷寺から見える海と、紅葉は毎年かかさず観ています。

ホテルのチェックアウト前に長谷寺へ・・・ママリンとお散歩。
4
長谷寺の近くにある
宮代商店へ行きました。
5
ここ鎌倉でおすすめのお店です。揚げたてのいろんなコロッケが食べられます。
行ったことない方は是非行って欲しい。楽しいんで・・・・
6
朝食を食べた直後だったので、コロッケ3兄弟という一本で3種の味のコロッケを揚げてもらいました。
アツアツでかじれないのに、ママリンはへっちゃらで食べ終え、蒸したての長いシュウマイが気になり店内をウロウロ。
7
そんなに買ってどーすんだよってくらい大量にシューマイ買ってました(半分はアタシにくれたんだけど)
お店のおじちゃんが味見で蒸したてのシューマイをくれたのでその場でホカホカのシューマイを食べました。
めちゃウマです。コロッケだけじゃなくシューマイもイケますよ。

鎌倉に1泊しました

1
川崎の伯父のお見舞い後、鎌倉へ移動。
鎌倉へは年間2、3回は足を運びますが宿泊したのは今回が始めてかな・・・
宿へ到着したときは真っ暗で写真撮ってる時間もなかったので→コチラのブログからお写真お借りました。
到着後、すぐにホテル内1階のイタリアンレストランでお食事。
1

2

3
ママリンとワインを飲みながら、食事が終ったらエステでも御願いしようかなんて話していましたが、日本庭園が見れる大浴場の居心地がとてもよくて長風呂になってしまい、ダルダるでエステはどーでもいいか・・・って感じで寝ちゃいました。

鰻星人仙台に現る 大観楼@仙台

豚1
うなぎLOVEのMOGざます。
最近はレトルト鰻を買い込んで週1ペースで鰻を食していますが食べすぎ?
でも好きなんだも~ん

11月30日の記事でうちのママリンは鼻がきく人と書きましたが、山形から仙台へ移動→郡山→東京へ戻ると言う旅をしました。
仙台への移動と言ってもただ昼ごはんを食べるためだけに行ったんだけどね。

どの店に入るという当ても無く、仙台をフラフラさまようMOGファミリー。
しかし、やっぱママリンの鼻がききましたよ。
店構えが立派なので「高いんじゃないの?」って思いながら外に出してあったメニューをのぞくと、リーズナボーでワンダホ~
ほんとママリンには驚かされます。
割烹蒲焼 大観楼
鰻大好きMOGファミリーにぴったりのお店。
歴史があるお店のようです→歴史についてはこちらで
2
オトウトは、鰻まぶしを。
とろろは邪道だといっていました。
3
ママリンはいろいろ入っているお弁当のようなものを。
そしてアタシとオヤジさんは鰻定食を食べました。
老舗だけあっておちついた店内、接客も細やかでした。

ん~たまりません。この画像だけでご飯が食べれそうです。


4
満足したかい?この豚野郎pig

上山で発見美味しい蕎麦屋 やぶいち@山形

1
旅先で美味しいものを食べたいとき・・・・ガイドブックやガイドさんからの紹介で行った店ってイマイチだったりしませんか?
まずくはないけど、うまくもないみたいな。

なんだかんだいって地元の人間が行く店が一番美味しかったりしますね。
うろうろ探し回って、歩きつかれて入った店が意外と当たりだったりね。

先日、行った山形の旅もそう。

車を走らせていてたまたま目に入ってきた看板。
気になって入ってみたところ・・・
当たった。
うちにはママリンと言う鼻がきく人間がいるんですよ。
ママリンの直感はすごいです!2
二宮金次郎に遭遇。
3
へのへのもへじまでいました。

山形県上山市
「そば処やぶいち」
テーブル席とお座敷があって、広々としたくつろげるお蕎麦屋さん。

お客さんが食べているものを見回すと、みんな緑のおそば食べていました。
この日は寒くて、温かいおそばを食べたかったけど、どうしてもみんなが食べている緑のそばが食べたくて・・・
4
天ざるを頼んでみたけど・・・
オトウトが食べた温かいそばの麺も緑でした。
蔵王山麓の高原で育てた最上の蕎麦に新茶を合わせた茶そばは、ほのかな香りが食欲をそそります。天ぷらもサクサク。
なんといってもこちらのつけだれが、かつをの風味がしっかりした濃い目のもの。
本当に美味しかったです。うちの近所にあったらいいのにって思いました。
お値段も確か・・・天ざるそばが1350円だったかな(あいまいな情報です)
そんなバカ高くないでしょ。また上山に行く機会があったら是非寄りたいと思います。
山形出身の女優・渡辺えり子さんのサインとお写真も飾ってありました。
こういうふらり立ち寄ったお店で美味しいものに出会えるほうが物忘れの激しいアタシにとっては印象に残って忘れなかったりするんだよね。山形の旅の良い思い出になりました。

山形で食べたものたち・・・

1
山形から帰ってきました。
アタシが山形に向かった22日は、「大雪」でした。
今回の目的は、お墓参り。
山形はオヤジさんのふるさと。86歳の祖母が1人暮らしをしていますので、祖母に会うことと、お墓参りをする予定でした。
東京駅で福岡に住んでいるオトウトと待ち合わせし、新幹線で郡山へ。郡山でいわきから車で来るオヤジさん&ママリンと合流し、蔵王の宿へ向かうスケジュールでしたが・・・
郡山へ到着した12時過ぎまでは、晴れていましたが寒かった。都内でダウンを着ていたアタシは汗だくでしたが「ダウン着てきて良かった~」って思いました。

米沢牛を食べることも楽しみのひとつ。
オトウトの運転で米沢へ向かったのですが・・・
ありえない大雪が降り始め、車はスタッドレスタイヤをつけていたものの、視界不良で命がけのドライブとなりました。
オトウトは「正直怖かった。もう2度とああいうところで運転したくない」と言っていたくらいですから。
2
肉にありつけたのは、2時過ぎていたかな。
お店の人に聞いたところ、11月でこの量の雪がふるのは珍しいとのこと。通常は1月ごろに降る量だそうです。
米沢牛は、ステーキより薄切りのほうが美味しいかもしれないです。たまたまかもしれないけど・・
上杉神社などにも行きたかったけど、急がないと蔵王にとった宿までたどり着けないかも・・・と言う不安がよぎり急いで向かいましたが、雪はおさまる気配はなく、道路に設置されている温度計はマイナス5度を表示していました。

やっとの思いで到着した宿。
温泉につかり極楽でしたが、翌朝は除雪しないと車が出せない状況で、除雪を待って、祖母の家へ・・・
山の中にあるお墓へは、行くことが出来なかったけど、20年ぶりくらいかな?久しぶりに祖母に会うことが出来ました。

また雪がふるといけないので早めに蔵王の宿へ戻り、子供の頃、山形へ行くと連れて行ってもらった蔵王温泉の懐かしいものを食べました。
6
蔵王温泉名物「玉こんにゃく」
ママリンが美味しいから家で真似して作ろうとチャレンジしたことがあるけど、このアジが出せなかったと言っていました。
山形のお醤油で作らないとこの玉こんにゃくの味にならないそうです。
そしてもう1つの名物は「稲花餅(いがもち)」
早い時間に行かないと売切れてしまうと、言われるくらい人気。最初に立ち寄ったお店では売切れていましたが、2軒目のお店にありました。
7
もち米とうるち米を練った餅の中に餡を入れ、熊笹の葉に乗せたもの。昔、蔵王権現へ豊年万作を願い捧げた笹に包んだ重ね餅や稲の穂に由来するのだそうです。

今回の旅で、他にもいろいろ食べましたが・・・
3
例えば、宿で出たさくらんぼうのお漬物。山形と言えばさくらんぼうですね。しば漬け風味。見た目がかわいらしい。雪国はお漬物の種類が豊富です。
4
これは山形名物ってわけじゃないと思いますが、いちじくの天ぷら。
初めて食べましたが、意外とイケます。
自分でもし天ぷらを揚げる機会があったら真似しようかと思いパチリと撮影。
5
こちらも山形名物「いも煮」
オヤジさんが子供の頃は、みんなで食料を持ち寄って川原でいも煮をしたそうです。
里芋以外の野菜を入れないのが「いも煮」と言っていました。

まだまだいろいろ食べました。
今年はなにかと忙しい1年でしたが、この旅をもってアタシもひと段落付きそうです。
過酷な状態でずっと運転をしてくれたオトウトには感謝。
バラバラに暮らしている家族ですが、一致団結し、山形へ。
お墓参りはできませんでしたが、祖父も喜んでいたと思います。

韓国コスメの虜② ソウルの旅【美】

韓国コスメねたです。
「韓国コスメ」で検索してアタシのブログにいらっしゃる方が増えていますのでしっかり書きます


MISSHAとTHE FACE SHOPでバカ買いをし、その良さを実感したアタシは韓国コスメの大量買いを誓ったわけですが、買いたくても買いに行く時間を捻出できなかったのです。

宿泊したホテルの周辺はコスメショップだらけなのに・・・(韓国ではコスメショッピングをメインにしたい方は、サボイホテルおすすめです)

しかし、諦められないアタシは、15分程度の時間を作り、ダッシュで
タレント化粧品へ向かいました。

ゆっくり物色しているヒマはないので、店員さんを捕まえ、まえもってリストアップしてあった商品名を言い、買うという作戦に出ました。
3
店内には日本の芸能人が来店した際の写真がはってあり、店員さんが黒柳徹子さんと一緒に写っている写真を指差し「これ私です」と言ってました。
そういえば何度か黒柳さんをお見かけしたことがあります。TVで見るとぶっちゃけ厚化粧だし、そうとう照明をたいていて、シワシミなどを飛ばしているんだろうな~と言う印象でしたが、照明がたかれていない普通の場所でお会いしましたが、TVの印象のまま。
あのお歳でと言っちゃ失礼ですが、すごーくお綺麗でした。

我ながら、男らしい買いっぷりなもので、店員さんでも上のクラスの方なのでしょうか?
アタシのところによってきて、あれやこれや説明をしてくれたのですが、時間がなかったもので、「ごめんね」と謝り、最初に対応してくれたお姉さん(たぶん日本人じゃないかな?)に、急いでお会計をしてもらいホテルに戻りました。
5万ウォン以上買い物をすると、2階フロアでの顔エステ無料のチケットもらえるのです。無期限らしいのだけど、次いつ行くかわからないので欲しい方がいたら差し上げま~す。

まだ使っていないものもあるのですが、実際に使ってよかったものは
黒柳徹子さんも購入したらしいですが、H2O++ピーリングジェル
薄く顔に延ばして置くと、繊維の成分がボロボロしながら角質を一緒にとってくれるというもの。
アタシ自身、ピーリングって、いまいち信用してなくて、ボロボロこぼれるのは、ジェルが乾いたカスであって、そんな簡単に肌の老廃物なんてとれるんですか?って思ってはいたのだけど、美容サイトを見るとピーリングをすすめている記事も多いので試しに買ってみました。
実際、お肌にぬって軽くマッサージしただけで、ポロポロと古い角質が剥がれ落ちます。洗い流し、その後ですよ。アタシが驚いたのは・・・
いつも使っている化粧水をジャバジャバ顔につけると、真夏の砂漠を全力疾走した人に水をあげた時みたいな(わかりにくい例え?)勢いで、顔が「水!水くれ!!!早くっ」って言ってるのがわかるんですよ。
すごい浸透。
ほんの数分、角質落とししただけで、こんなになるの~~ってビックリしました。この後にぬるジェルも買ったのですが、それはまだ使ってなくてMISSHAの睡眠パックをぬって寝ました。

そして、このお店に行った一番の目的は
「オミザエージーソープ」を買うこと。
この石鹸は、ネットでも買えますけど韓国で買うと半額くらいかな。
成分は、パーム油、チョウセンゴミシ果実エキス、水溶性コラーゲン、ブドウエキス、銀、褐藻エキス、マカデミアナッツ油、カミツレ花エキス、香料。これ見ただけで効きそうでしょ。
高級サロンで大人気の石鹸で、赤くて小さな実の漢方成分「OMIJA」がビタミンCのおよそ5,400倍ともいわれる力。
これはシミの消しゴム?と思わえるほどの効果と言うではありませんか・・・
モノはためしなので、まとめ買いしました。
タレント化粧品の店員さんいわく、人気があって入荷しても飛ぶように売れるため、買いに来ても手に入れられない場合もあるとのことなのでラッキーでしたけど。
泡立てネットで泡をたてると、しっかりした泡が大量にたつので、もこもこ泡洗顔をし、残った泡はデコルテや身体を洗いますが、この石鹸で洗った部分は乾燥しないです。
香りはいかにも韓国化粧品の香り。アタシはアカスリによく行くのでこの香りには慣れていますが、初めて使う人にとっては少し香りがきついと感じるかもしれませんが、いつまでも残る香りではないです。

他にも韓国コスメ買いましたが、韓国のコスメは量がたっぷり入っていてリーズナブルなとこがいいですね。
毎年、これからの時期、皮膚の薄いアタシは乾燥との戦いですが、韓国コスメのおかげで、うまく乗り切れそうな気がします。

韓国コスメの虜① ソウルの旅【美】

ソウルから戻ってきてからと言うものアタシは寝ても覚めても韓国コスメの日々なのであります。
ヒマさえあれば、韓国コスメに関するサイトをサーフィンしてます。

なぜにこんなことになったのかと言うと・・・

韓国アカスリが大好きで日本でですけど、アカスリは年間2、3回は行っています。
今回もアカスリやエステなど行きたかったけど、2泊3日のスケジュールはぎっしりで行く時間は取れそうもなかったので、韓国の化粧品で良さそうなものがあれば買いたい&日本でも人気の韓国コスメMISSHAやTHE FACE SHOPのシートマスクをお友達のお土産に買おうと思ったのです。

韓国のコスメと言えば、今や日本のモデルさんの間でも大人気。梨花さん、平子理沙さん、三浦りさ子さんなどなども愛用してますからね。

ゆっくり買い物している時間もなさそうだったので前もって、コスメについて勉強しておこうとのぞいたサイトが→ここ
いろいろ調べているうちに韓国コスメに興味深々。
アタシが今回泊ったサボイホテルの周辺は韓国コスメショップに囲まれていましたから、欲しいものを地図と共にリストアップしていきました。

仁川空港に迎えにきていたガイドさん(ジョンさん)は、アタシと同年代かちょっと上くらいの美しい女性でした。
彼女の案内で到着日は2箇所の免税店へ行ったのですが、東和免税店に向かうバスの中で、ジョンさんが「韓国の化粧品を買うなら次の免税店で買ってください。街中で買うより安く買えます。日本の半額以下です」とご自身が愛用されている化粧品と共に韓国女性に人気の化粧品を教えてくれました。
東和免税店の中には、MISSHATHE FACE SHOPが入っていてアタシは到着と同時に鼻息も荒くがご一杯のお買い物。
あまりの鼻息の荒さに、店員さんも驚いていました(苦笑)
1
買ったシートパックの一部です。帰りの荷物がどんだけ重かったことか・・・・

MISSHAやTHE FACE SHOPのイメージは、リースナブル。
先入観で「若い子が使うコスメ」と思っていました。
でもビックリするほど安いので、お試し感覚で日本ではあまり使わないけど韓国ではスタンダードなものを買おうかと選んでみました。
安いから自分に合わなくても、諦めつくでしょ?

2
ごちゃごちゃ買った中で、その日の夜、お試しで使ってみたのが、MISSHAの睡眠パック。
寝る前に顔にぬってそのまま寝るタイプのものなのでズボラーのアタシにはちょうどいいと・・・・
ぬったときはややベタつきましたが、超乾燥肌のアタシにはホテルの部屋内は乾燥しているからこれまたちょうどいい。
香りは「漢方」って匂いで、気になる人は気になるのでしょうけど、慣れれば落ち着く香りにも思えましたよ。

朝、おきてトイレに行った際に鏡を見て
「ええ??」とビックリ。
顔が白くなってるんですよ。明らかに・・・
洗顔でパックを落とすと、再度ビックリ。
顔がピカピカしてるのよ。テカっていると言う意味じゃなくて、ハリが出てるってゆーのかな。
田舎の高校生のホッペみたいな感じ?(え?あつかましい?・・・確かに)
でもアタシ、疑い深いから、韓国に旅行に来た開放感とか、水とか、食べ物とか、そんなものの効果もあるのだろうとあくまでもこのパックのおかげとは思わなかったんだけどね。

そして、韓国で大人気のBBクリームも試してみた。
定員さんおすすめのSPF入りのもの。BBクリームは日本のMISSHAにも入っているけどSPF入りのものはまだなんだって。

日本では馴染の無いBBクリーム。
美容クリーム・下地・ファンデがひとつになったもの。
Blemish Balmの略称。ブレミッシュ(欠点・傷)を補うバームということです。元々、ピーリングなどの皮膚科手術などをして刺激を受けた肌を鎮静し、保護するための目的で作られたクリームのことなのでーす。
しっかり皮膚につき、毛穴を隠しますが、圧迫感がありません。
パックの効果もあってか1日中、顔がもっちりしっとりしているので、触っても気持ちいいもので触りまくっていましたが、落ちない。手に付かない。なのに化粧を落とすときは、普通のファンデよりしっかりクレンジングしないと落ちないです。
これまた優秀。

ちなみに、睡眠パックが9ドル。BBクリームが12ドル。
どちらも日本の化粧品の1、5倍くらいの容量ですから、ケチケチせずに使えるのがいいですね。

あまりの即効性に、アタシは「有り金はたいて、いや、カードも使って、韓国コスメを買いあさる」と、誓ったのでありました。

続く・・・

オレンジ色の肉いヤツ② ソウルの旅【食】

5
画像が・・・・オレンジですね炎
ソウル2日目は、終日フリータイムかソウル観光どちらか選べたのですが、朝食と昼食が無料でつく(その代わりあちこちお買い物ポイントに連れて行かれるわけですが・・・)観光コースを日本にいる間に選んでしまい、現地でキャンセルがきかないため、参加。
これに参加したおかげで今回の旅がハードスケジュールになってしまったわけです。
朝食はバスでソルロンタンのお店へ。
ソルロンタンとは、牛の頭・足・ひじ肉・骨・内蔵などを煮たスープのこと。
韓国の方は、日本で言うところの土用丑の日に鰻を食べる感覚でソルロンタンを食べるくらい元気になるスープです。
6
ここに刻みネギや、塩コショウなどをいれ、後はキムチやアミなんかを入れてお好みの味にして、食べます。
「おお~これは辛くないからアタシでも大丈夫」と調子にのって中に数枚のキムチを入れたがために、辛くなってしまいましたが、この中にご飯を入れたりして・・・この日のソウルは寒かったのに、向こうの人は辛いもの食べているせいですかね?どこに行っても窓全開だったりクーラーガンガンだったりして、アタシは風邪ひきそうでしたよ。でもこのスープのおかげで温まりちょっと元気になりました。
7
そして昼食がこれ
これまた画像がオレンジです炎
昼食はキムチ鍋と旅のしおりには書いてありましたが、ガイドさんが言うにはキムチ鍋を出しても、日本人はほとんど食べられないらしく(相当辛いんでしょうね)、ビビンバ、ユッケジャン、辛い冷麺から好きなのを選んでいいですよと言われ、前日、ビビンバを食べていたのでユッケジャンをオーダー。
出てきた瞬間この色を見て悲鳴をあげてしまったアタシ。
「うわぉ~辛そう。アタシ、無理だわ」と・・・
するとガイドさんが「見た目ほど辛くないから大丈夫よ」と言う。ためしに食べると「本当だ。そんなに辛くない」と3口くらい食べたら急に口の中が大火事に炎
結局、アタシは「水!水くれ~!」と水をがぶ飲みし、ほとんど手をつけずに残しました。目は欲しいんですけどね。ハンパないです。こんなの食べたら熱でます(アタシの場合ね)
9

10

満たされぬ思いの昼食を終え、観光。
どこへ行ってもクーラーガンガンなのだ。クロップドパンツ&バレエシューズのアタシは、寒さとの戦い&空腹との戦いさ。
仁寺洞と言う伝統系のお土産屋さんやレストラン、お茶屋さんなど、韓国の芸術や伝統を感じることのできるお店がズラリ並ぶ場所でフリータイムとなったが、全員、寒さしのぎでお茶屋さんへ。
韓国のお茶は、果実や穀類のお茶が一般的。しょうが味、シナモン味、蜂蜜味・・・と甘いものも多く、日本のお茶とはちょっとちがう。
皆、寒さにヤラれて風邪ひきそうだったので柚子茶やカリン茶、五味子茶をオーダーし、回し飲みしてみる。
五味子茶の匂いをかいだオッサーが
「なんだよ。これヒノキ風呂の味がする」といい始め
「ヒノキ風呂飲んだことあんのかよ」と言う突込みを入れられていたが、男子には人気がなく結局、アタシが飲むことに。
このお茶は、名前の通り、甘味、すっぱい味、苦い味、辛い味、塩味の5つの味を持つ。昔から強壮剤として知られ、肺を保護し、去痰、鎮咳にも効果があるそうだ。どんな味に感じるかによって体調がわかったりするらしいが、アタシはすっぱく感じました。
水分を取りすぎたせいか、冷えすぎたせいか、それもお茶の効果なのか・・・この後、アタシはトイレが近くなり、大変だったんだけどね。
15

観光を終え、ホテルへ
夜はホテルのロビーで、ソウルで暮らす叔父と待ち合わせ。
電話で叔父にナニを食べたいのか、前もって聞かれていて、「好きな人たちなのでで」とリクエストをしていましたので、ホテルのすぐ近くの「名所」と言う焼き肉屋へ案内してもらいました。11
個室でゆっくりと焼き肉。
前日の焼き肉とはまるで味が違いました。ガッツいて写真どころじゃなくて、あまり肉写真がありませんが・・・
コンロのすぐ横に置かれたアーチ型管みたいなの、ナンだと思います?
"煙吸い取り器"なんですよ。
煙が少し上がったところで吸い取るので、モクモク煙なしで、余分な水分がとられないため、美味しくお肉が焼けるそうです。
12
ドンドン酒を味わう。
マッコリは日本でも簡単に飲めますけど、ドンドン酒は珍しいので飲みたいとリクエストしました(壷に入ってでてきました)
澄んだお酒に米の粒が浮かんでいて、まるでアリが水に浮かんでいるようとのことで浮蟻酒ともいうそうです。
米粒が「とんどん」と浮いている様子からトンドンジュというのだとか。発酵しているのでシュワシュワして飲みやすいのです。
13
お肉を食べ終える頃、お店の人は最後のシメはどうするのか聞いてくるのが韓国流なのかな。
アタシは冷麺。
お酢とカラシを入れてさっぱりといただきました。
辛いものばかり食べているニク星人は、シャツまでキムチ色ではありませんか・・・・
14
この後、叔父と一緒にソウル最後の夜をバーで楽しみました。
韓国は、辛いお料理が多いので、ビールやマッコリをゴクゴク飲む習慣があっても、ウイスキーやワインはあまり飲まないんでしょうね。
バーにしてもコンビニで売っているワインにしても値段が高いなと言う印象が残りました。
16
満腹でホテルに戻ろうとするとホテルの近くの中華屋さんでオッサーが釘付けに。
大好きな小龍包を発見!とことんニク星人です。
テイクアウトしてホテルで食べてました。

牛肉は、身体が重くなりますね。
しばらくは「牛肉はいりませ~ん」って感じです。

叔父に「食べ物どこも辛いものばかりですけど大丈夫なんですか?」
と聞いたら「慣れるよ。慣れると、辛くないものが出てくると物足りなかったりする」と言っていました。

ふ~ん、そういうモノなのか・・・

狩人魂  W狩り!?バスツアー(その2)

バスツアーねた(その2)ざます。
1
バイキングを満喫したにゃん姉さんとアタシ
続いて向かったのは
「吹割の滝」絵文字名を入力してください
バスの中で添乗員さんから
高さ7m、幅30mの滝」と説明があったときに、アタシの頭の中は「????」となったわけですよ
だって普通、滝って言えば、華厳の滝みたいに上から下へ
ド~~~っ!
て感じでしょ?
割れ目に向かって、ザバザバと水が流れ、飛び散っているなんとも不思議な滝だったのです。
添乗員さんが言うには最近、水量が減ってきたらしいとのことですが、1週間くらい前に降った大雨の影響もあってか、水しぶき&マイナスイオンのシャワーを浴びまくるほどの迫力ざましたわよ。

滝散策でちょっとお腹が減り始めましたペコッ
(あんだけ食べても減るって・・・ナニモノっ!汗

2

3

4

5
続いては、今回のメイン
ぶどう園&りんご園のハシゴ(?)
実は今回の旅、最初は別のバスツアーに申し込みしていたのですが、人数が集まらず催行できなかったわけです。
日にちもないし、アタシは「別に狩りじゃなくていいんじゃん?」と思ったのですが、サスガ・・・諦めない女にゃん姉さんが、「狩人魂」で捜してきたのがこのW狩りツアーでした

ところが残念なことに、自宅持ち帰り用のぶどう1房、リンゴ2個だけを自分で狩って、あとは各農園が用意した試食用のものを食べ放題と言うことだったんです。

アタシ的には、狩ることよりもたくさん食べることが目的なんで「わ~い!試食用でしこたま食べて、家でも食べられるなんてラッキー」って喜んでいたのに、姉さんは狩れないことをとても悔しがっていました。
「紀香魂」って本が売れているみたいですけど、アタシ的には「狩人魂」むきだしの「にゃん姉さん魂」に敬服

5

こちらがお土産用のフルーツたち。ぶどうは農園のおじさんが、アタシたちがかわいいからもう1房くれました(←これ嘘です。みんなにくれました)ので計2房もらった~~

たくさん食べて、お土産もあったし、楽しいバスツアーでしたえへっ
MOG
物忘れが激しい今日この頃、そんなMOGのみちくさキロクでございます。

★MOG★

Author:★MOG★
値段だけ高くて大してウマくもないこじゃれた店が嫌いです。
美味しいものを食べているときに「アタシ、世界一幸せ」と思える安上がりな39歳。いちおミセス。戸籍上の夫(相方)と二人暮らしの、母(←アタシ)子(←相方)家庭。
お腹がすいたときになるグーグー音が異常に大きいので、空腹状態にならないよういつも何か食べています。どうすればお腹がならないように出来るのかご存知の方教えてください。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア

なかのひと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。